昔は“体育の日”にちなんでスポーツ祭り!

ナビブラ明日2日から(〜4日)、神田古本まつりと並んで人気の「神田スポーツ祭り」が始まります。今年で19回目ですが、始めたきっかけは何ですか?

角谷さんもう19回になるんですねぇ、感慨深いなぁ! そもそも「神田スポーツ祭り」は、「スポーツなら体育だろう」という発想で、昔は毎年10月10日の「体育の日」にやっていたんです。今のように"3連休にしたいから日にちをずらす"ということはなくて、「体育の日」といったら10日なので、その日を絡めて前後の土・日にかけて3〜4日間、開催していました。


ナビブラやっぱりスポーツといえば「体育の日」ですもんね。7年後は東京オリンピックだし! 昔の「神田スポーツ祭り」ではどんなイベントをやっていたんですか?

角谷さん今とそんなには変わっていませんよ。靖国通り沿いのスポーツ店各店でスキーキャンペーンをやったり、小川広場では抽選会や物産展をやってました。まあ、当時らしいといえば、特設リングをこしらえて学生プロレスをやりましたね。


大人気「神田カレーグランプリ」に“第0回”があった!?

ナビブラ昨年は4万3千人もの来場者があった「神田カレーグランプリ」。これも神田スポーツ店連絡協議会の主催ですが、スポーツとカレーのコラボってどうやってできたのですか? まったく関係ないような気がするのですが……。

角谷さん今年の「カレーグランプリ2013」は3回目なんですが、じつはその前に"第0回"というのがあったんです。

ナビブラな、なんですか、その"0回"って?


角谷さんそのときはスキー場がある長野県・群馬県・新潟県の物産展があって、じゃあ地元の神田からも何か"物産"のようなものがないかと考えたらカレーがあった。神田は有名なカレー激戦区ですからね。そこで「地方の物産vs神田界隈カレー」という催しをやったんです。

ナビブラ物産もよく売れたけど、殊のほかカレーも人気だったと……。

角谷さんそうなんです! それで翌年から図に乗って「カレーグランプリ」と称して開催したら、格好のマスコミネタにもなって大盛況。でも第0回は、カレー屋さんにイベントの趣旨を理解してもらうのが難しくて苦労しました。運営面では、今でもお世話になっている「明大街づくり道場」に声をかけて、学生さんに協力してもらったりね。


小川町界隈が“スポーツの街”になったわけ

ナビブラ隠れた苦労があったんですね。ところで、なぜこの一帯はスポーツ店が多いのですか? 私でもわかる「スポーツ店街の歴史」をサラッと教えてください。

角谷さん奥が深いのでサラッと教えることは難しいですが、ザッといきましょうか(笑)。駿河台下あたりから小川町に至る靖国通り沿いには、現在、約40店舗のスポーツ店があって華やかですが、昭和30年代はまだまだ数が少なかったんです……。

ナビブラその頃にできたのはどんなお店なんですか? サラッと教えてください。

角谷さんくどいね、君も。昭和30年代はアイススケートブームで、小川町じゃなくて神保町交差点から後楽園スケートリンクに至る白山通り沿いが賑わっていました。ご存じのように神田駿河台周辺は学生街で、学生は今ほど裕福ではなかったので、道具屋に物を預けて生活するのが当たり前の時代でした。

ナビブラいわゆる質屋みたいなものですね、サラッとわかりました。

角谷さんそう、良かったね(苦笑)。その道具屋が楽器やスポーツ用品などの買い入れを行っていました。つまりこれが現在のスポーツ店街発展のきっかけなのです。さらに昭和47年には日本中を熱狂させた札幌冬季オリンピックがあって、スキー専門のバーゲン店を始めたところ大当たり! その後 総合スポーツ店も多店舗展開で出店ラッシュとなって、世界でも珍しいNo.1のスポーツ店街に成長したのです。


ナビブラサラッとじゃないけど、なんとなくわかってきました。ちょうど、映画「私をスキーに連れてって」が大ヒットした頃ですね!

角谷さんナビブラ君、いいところに気がついたね。いわばバブル全盛の時代、週末のスキー場は大盛況! 男性が女性をスキーに誘うことがステイタスで、ゲレンデが恋愛の舞台でしたね。

ナビブラ私は縁がなかったけど、お立ち台でお姉さんたちが踊っていたディスコ(現在のクラブ)も大ブームでした。

角谷さんナビブラ君のように風貌がいまいちでも、お金さえあればなんでもできた時代だったからね。サーフィンや第2次テニスブームもあって、「夏はサーフィン&テニス、冬はスキー」といったライフスタイルが若者のトレンドでした。


アウトドア店やランナーズサポート施設も豊富です!

ナビブラところで角谷さん、スポーツ店、それもスキー・スノボ専門ショップ(V3カドヤ)を経営されているくらいだから、当然「スキーは任せとけ!」なんでしょ?

角谷さんナビブラ君、よくぞ聞いてくれました。私は中学〜高校は地元の明治中〜明治高のスキー部だったんですよ。まあ、家業がスキー屋だったので、小さい頃から馴染んでいたので自然の流れでした。競技スキー部員としてそこそこ活躍しましたよ。時代が時代だったから、サーフィンも、少しね。

ナビブラスキーにサーフィンとくれば、モテて仕方なかったんじゃないですか! じゃあ、これからの季節は当然スキー三昧?

角谷さん……といきたいところなんですが、残念ながらひざを悪くしてからはご無沙汰で、スキーといっても仕事でガーラ湯沢や軽井沢などにメーカーの新商品発表会に行くくらいです。ひざが治ったら、またバンバン滑りたいなぁ! ま、あとテニスとゴルフも少々。


ランチョンのマスターから激写されてfacebookに載せられた間抜けなナビブラ君

ナビブラやっぱりスポーツ万能ですね。うらやましい! 最後に読者の皆さんにメッセージをお願いします。

角谷さんなに? まだランチを食べ終わってないのにもうおしまいなの?(この日は老舗洋食店「ランチョン」で取材)調子いいね、ナビブラ君は(笑)。
現在はスキー復活といわれて、幅の広いファットスキーと呼ばれるパウダー用スキーや、バックカントリースキーが注目を浴びています。
また、富士山が世界遺産に登録されたこともあって、サマーシーズンは富士登山などのアウトドアも人気がありますね。"山ガール"なんていう呼び名もあるくらい。それから外せないのが東京マラソンで注目されたランニング。皇居ランも大盛況で、ランナーズサポート施設もこのあたりには数多いです。
神田スポーツ店街は時代に合わせて、いつ来ても新鮮な品揃えで皆さんをお待ちしています。ぜひカップル、ファミリーでお越しください! もちろんナビブラ君のような未経験者も大歓迎ですよ。

ナビブラ今日はお忙しい中、どうもありがとうございました。こんどお店に行きますので、女性を口説くとっておきのアイテムを紹介してください。

角谷さんそんなのがあったら私が使いますよ(笑)。ここのランチ代、よろしくね!


おまけ 角谷さん御用達の飲食店

\根っからの食通! 昼・夜問わず、このあたりに出没するそうです。/

  • カリーライス「エチオピア」
  • タイ料理「グリーンパッタイ」
  • 焼き肉ランド「マルタケ」
  • レストラン「角打ち神田小西」
  • ラーメン「生碼麺食道」
  • ビアレストラン「ランチョン」

ぼくは、「ジンくん」。「ナビブラくん」ではないからね!