ドキュメンタリー映画「ウォーナーの謎のリスト」
    無料上映会

    ​開催のお知らせ

    太平洋戦争下、本の街・神保町はなぜ空襲から免れることができたのか? 歴史に隠された謎に迫る。

    ●11/3(金)17:00~19:00(16:30開場)/会場:文化産業信用組合3階会議室(集英社前)/定員100名
    ●11/8(水)18:30~20:00(18:00開場)/会場:東京古書会館7階会議室/定員60名
    いずれも参加無料(要申込み)
    申込みフォーム http://www.kosho.ne.jp/eiga2017 (締切:前日17:00まで)



    空爆を逃れた古書店街・神保町の奇跡「ウォーナーの謎のリスト」

    世界一の本の街神田古書店街。古書店の数はおよそ180店。
    実は、この街の靖国通り沿いの一画は、第2次世界大戦中空襲を受けなかった。
    その理由を追求して行くと、日本の文化財を戦禍から救った

    ​日本文学研究者エリセーエフと​

    アメリカ人ラングドン・ウォーナーに行き着く。
    彼は太平洋戦争当時、空爆すべきでない地名のリスト、「ウォーナー・リスト」を作成し、
    米政府に進言、京都や奈良を始め多くの日本文化を救ったとされている。
    ウォーナーが画策した戦争回避の舞台裏の真実を、米国に残る新資料と証言によって伝え、
    彼に救われた文化財を見つめながら、「戦争と平和」を改めて問い直す。

    <詳細>
    ・シネマボックス
    http://www.cinemabox.jp/warner/